« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

パワーラインの考え

パワーラインの考え

今日は、どんよりとした天気ですね。
サロモンがある有明の空も薄暗く、まさに梅雨空です。
 
さて今回は次世代テクノロジーPOWERLINEについてです。
 
【POWERLINE】
ターン中の外部衝撃を相殺しながらスキーをたわませパワーを溜め込み、
ターン切り上がり時に一気に開放する。
正確なコントロール性を爆発的な加速を求めます。
 
POWER
+CONTROL
+CONFIDENCE
=SPEED
 
今期発表する最強システムのパワーラインのヒントは過去の実績にありました。
サロモンが築き上げたシステムの数々は今日のスキーシステムの根源ともいえます。
 
過去のシステム①
【PROLINK/PROPULSE】
サロモンの伝説のスタート。スキーシステムの根源ともいえる。
 
過去のシステム②
【POWERAXE】
カービング時代突入期において次世代の滑り、アスリートをサポート
今期サロモンに復帰したマリオマット選手(AUT)や
皆川賢太郎選手(JPN)現アトミックの活躍
サロモンスラローム最強の時
 
過去のシステム③
【STS】
写真のスキーに搭載されていた【STS】システム
世界に”AKIRA SASAKI”を轟かせた最強のシステム。
スピード+安定性においてレーシング界に衝撃を与えた。
 
過去のシステム④
【PILOT】
デモ・オールラウンドを中心に乗りやすさと操作性を高め、
高い次元の滑りを多くの幅広いユーザーに提供した。
 
このようなサロモン歴代システムの遺伝子を受け継ぎ産まれたのが
【POWERLINE】です。
2分割されたパワーラインバーにより
ターン時にコントロール性、安定性
そして爆発的な加速が得られる。
 
さてこのパワーラインスキーは・・・
続きは明日のBLOGにて!!!
 
Keishi.Yoyama

Hiroaki.Horikawa

2009年6月29日 (月)

X-WING TORNADO

X-WING TORNADO

おはようございます。
 
今日は朝から河川敷を走ってきました。
とても爽やか、気分爽快です!!
 
今回は【X-WING TORNADO】を紹介します。
 
まず、X-WINGとは??
ハイパフォーマンススキーのいいところとオールマウンテンスキーのいいところを
持ち合わせたゲレンデオールピステモデル。
簡単に言うと、山頂〜ふもとまでどんな雪質でも1台で滑ることができる!!というスキーです。
 
テクノロジーでは[Double Ti Laminate]、[3D Stealth Tip]、[V.R.M.]を搭載
 
サロモンKCが試乗した感想ですが
昨年のものよりも高速安定感にすぐれ、荒れた斜面やでこぼこなコースでもぐいぐい滑れるモデル
今までゲレンデでもセミファット??というユーザーにとてもオススメです。
その上、深雪やざくざくした雪には浮力が得られてサロモンらしい快適という言葉がてききます。
車で例えるならば、究極の4DWです。
 
どうぞ 【X-WING TORNADO】 をご堪能あれ!!
 
Keishi.Yoyama

Hiroaki.Horikawa

2009年6月27日 (土)

X3 LAB

X3 LAB

こんにちは。
 
今日は全国的に暑かったですね。
各地のSHOPを回ってましたが汗だくになります。
途中で道を間違え迷子になったりしましたが・・こう暑いとスキーしたくなってしまいますね☆
 
さて、今回は【X3 LAB】をご紹介します。
昨年とまず大きく変わった点!!
それは、カラーがREDからWHITEに変更になりました。白い雪面に白いブーツ(^-^)めっちゃかっこいいですよ。
 
製品特徴としての変更点も、もちろんあります。
まずラストを92mmから95mmに変更。それにより足をブーツの底へ落とすことになり、
足裏の感覚を高め、高い位置から操作する足場作りが、より可能になりました。 
プラス、ソールに厚みを持たせました。それによりねじれ合成を高め、よりアクティブに!!
足を入れたときの前傾角も起こし、クローストラップを採用しベルトがずれることなくホールドしてくれます。
 
例年、早期で完売してしまうほど人気のあるサロモンブーツですので
購入を検討されているユーザー様はお早めにチェックしてください。
 
Keishi.Yoyama

Hiroaki.Horikawa

2009年6月26日 (金)

JUNIOR SKI

JUNIOR SKI

こんにちは(^-^)
 
早速、余談ですが・・・
関西と関東でエスカレーターでの待つ位置が逆なのはちょっと戸惑いますね。
あと、電車のアナウンス「扉が閉まります」も発音が違うので漫才に思えてしまいます。
いいですね(@_@)関西!! 大好きです☆
 
では今日の本題であるスキー紹介
【EQUIPE T 2V RACE】
このモデルはジュニアスキーヤーにレースの楽しさを教えてくれる1台です。
私もジュニアの頃は急斜面であろうとコブ斜面であろうと真っ直ぐ滑っていくタイプでした・・・。
そんなジュニアにも今年のこのモデルなら大丈夫です!!
 
チタニウムレイヤーがダブルになり、より速いスピードにも対応可能になりました。
CHIRDREN 2/1にも対応しているGSモデルです。
更にスキーの操作も高く技術上達にも近道ではないでしょうか?
 
このスキーを使用して練習を頑張るジュニアがいつの日か
佐々木明選手、石井智也選手、星瑞枝選手のように、
またミスターGS吉岡大輔選手を脅かす選手になってもらいたいと思っています。
 
ジュニアのみんな!!
夏場の練習、スキーに限らずいろいろなスポーツをし、尚かつ勉強もして
雪が降る冬を待ちましょう!!
 
Keishi.Yoyama

Hiroaki.Horikawa

2009年6月25日 (木)

将軍!

将軍!

こんばんは。
 
今回、初登場のサロモンの将軍様です。
 
正式名称は【SHOGUN】
何といっても新素材の竹と玄武岩を使用しています。
竹特有の軽量かつしなやかな特徴を持っていて、耐久性の高い性質となっています。
スキーでは振動吸収性に優れ、軽いとしなやかという相反する併せ持つことが可能になりました。
ちなみ玄武岩はモアイ像にも使われています!!
 
その他テクノロジーは[EDGE ARMOR]、[WIDER EDGES]、それに[SPECIFIC ROCKER]
サロモンでは板の完成後にロッカー形状にするのではなく、金型からロッカー形状にしています。
 
【SHOGUN】を使って新しいフィールドでエンジョイスキーしてみてください。
 
Keishi.Yoyama

Hiroaki.Horikawa

2009年6月23日 (火)

24SERIES

24SERIES

こんにちは!!
久しぶりの更新となりましてすみません・・。
 
今回からスキー紹介をUPしてきますね!!
まずは【24 SERIES】
 
トップは黒、テールは白っぽいシルバーのカラーでシックな感じであり
個人的にはクラシックっぽいと思っていますが皆さんはいかがでしょうか??
 
サロモンらしい軽さを強調したモデルであり、スキーを楽しいと思えるオールラウンドスキーです。
テクノロジーも[AUTO-STEARING]、[V.R.M.]、[PULSE PAD]等、盛りだくさんです。
 
試乗をしたサロモンKCの感想です。
ただ単に軽いだけでなく低速での扱いやすさ、中速〜高速での安定感に優れている。
春の湿雪やコブも問題なく気持ちよく滑れた。1台で検定に臨めるスキー。
 
コメントにもあるようにサロモンらしいオールラウンドスキーとなっていますので
ぜひぜひお近くのSHOPで詳しい話をサロモン販売店に聞いてみてください!!
 
Keishi.Yoyama

Hiroaki.Horikawa

2009年6月10日 (水)

名古屋、大阪セミナー

名古屋、大阪セミナー
こんにちは。
サロモンお取り扱い販売店向けセミナーを昨日は大阪で、本日は名古屋で行われてます。

マリオマット選手の復帰の話や未来へ向けたブーツの傾向など濃い内容となっています。
ぜひ各地で行われる早期展示受注会へ行ってみてください(^^)
サロモンスタッフもお待ちしてます(@_@)

keishi.yoyama

Hiroaki.Horikawa

2009年6月 8日 (月)

早期展示会

早期展示会
こんにちは。
シーズンが終わり早期展示会の季節になりました。

沖聖子デモを囲い多くのスキーヤーがニューモデルを手に取りチェックしてました。
全国各地のサロモン販売店で試し履きしたり板のハリなど、どんどん確認して下さい!

keishi.yoyama

Hiroaki.Horikawa

2009年6月 4日 (木)

パワーラインの滑走面

パワーラインの滑走面
こんにちは。
滑走面はどういうデザインなの?という問い合わせがありましてお答えします。
来期のパワーラインの滑走面はこれです!!
かっこいいですね☆

もうじき各地で早期展示会がはじまります。
どこかでブログ見てるよと声をかけられる日を楽しみしてますね。

keishi.yoyama

Hiroaki.Horikawa